アースキーパークリスタル

 27年前、原宿でストーンショップを開店させて以来、当店には世界中の石が集まってきています。P1050500.jpgお店の入り口には600キロを優に超えるブラジル産の天然水晶があります。
これはアースキーパーと呼ばれている伝説の水晶で、地球の平和を守る為に埋められたと言われているもので、今ではまぼろしの水晶といわれています。
 当店は、日本で最初のストーンショップとして「パワーストーン」という言葉を使って、全国に鉱物のすばらしさを広めてきました。同時に鉱物がオカルト的な方向に流れない様、また現在の適正な価格を知っていただくたに絶えず情報を発信し続けています。

東日本大震災義援金募集活動は終了致しました。3年間のご協力まことにありがとうございました。皆様のご協力により約200万円という大きな金額を赤十字を通して被災地へ寄付することが出来ました。
鉱物を愛する皆様方の善意は、被災地の方々にも大きく届いたのではないかと思います。

3月12日からはあらたにまとめ買い割引サービスとして、鉱物の価格高騰に挑戦し、当社のポリシーである良い石をどこよりも安く、豊富に提供するという使命に向かい活動してまいります。新たな割引は以下の通りです。


お買い上げ金額    現金支払い    カード支払い
10,000円以上    10%OFF    5%OFF
30,000円以上    15%OFF    10%OFF
50,000円以上    20%OFF    15%OFF
100,000円以上  25%OFF    20%OFF
300,000円以上  30%OFF    25%OFF


2017年04月17日

週末の石の売れ筋情報

4月も中盤に入り、急に暖かくなり、原宿の街も一気に半袖で歩く外国人で増え、特にヨーロッパやアメリカなどの観光客が急激に増えたのを感じます。それに伴って各店での外国人のお買い上げウェイトがまた一段と増加しているようにも聞いています。進学や就職、転勤などで新たに東京に来る方も非常に多いらしく家族やグループでの日本中から集まってくる人々が非常に目立ちます。

表参道のケヤキ並木も緑の葉がつき始め、週末は早くも初夏のような天候となり一段と賑わいを見せていました。しかし、外国人観光客以外の消費動向は国際的、国内的な様々な問題が表面化し、不安定さはますます大きくなり先行き不安感からか不景気風や節約感がますます強くなった感じが街の様子から感じられます。


当店の今週の状況ですが、春休みも一段落という時期ではありますが、例年はゴールデンウィークに向けて特注やワークショップ、セッション用のものが数多く要求される時期なのですが、比較的静かな1週間でしたが土曜日だけは特に目的買い、まとめ買いの方が多くご来店され、1週間の売り上げの半分以上はこの1日で達成してしまいました。毎日平均して売れてくれると本当に助かるのですが、50年近く商売をやっていても叶わぬ望みなのですが、いつかはそのような日が来るのを期待しています。


特に目立った売れ筋だけあげておきますと、スーパーセブンをはじめアメジストエレスチャルやメキシコ産の柱状アメジストやマダガスカル産のファントムアメジストなど、アメジスト類の要求が多かったようです。また、ナチュラルシトリンやサルファ入りレモンクォーツなどのシトリン類が2番目に要求が多かったように感じました。モルダバイトやリビアングラス、ギベオンなどの隕石系のものも相変わらず探しに来る方は続きました。また、フェナカイトやペタライトなどのブレスレットパーツや原石を探しに来るヒーリング系のお客様も何人も続き、市場全体に不足しているものに要求が高まっているのを感じました。マダガスカル産のラブラドライトやフィンランド産のスペクトロライトなどの産出が少なく、きれいな物があまりとれなくなっているようで今年に入ってから特にブルーに光るきれいな物がないかという要求を多く耳にします。

トルマリン類もきれいなものは、探しても無いという声を何人ものお客様から聞き、特にウォーターーメロンやバイカラーのトルマリンはびっくりするほど高くなり、手が出なくなったという話も何人かのお客様から耳にしました。ハーキマーダイヤモンドなども穴あきをばら売りしているのは当店しか無いようで、4月の誕生石として使われているためか目的買いのお客様が多いようでした。


ブラジルからの水晶の原石やクラスターなど、また、大量に入荷しました。大人気の量り売りコーナーに次々出していきますので、グラム単価10円で最高の水晶を手に入れることができるのはコスモスペースだけですので、原宿まで見に来てください!お待ちしております!!

ラベル: 鉱物 天然石
posted by コスモスペース at 17:32| 東京 ☁ | TrackBack(0) | お店の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック